トラネキサム酸とはどういった効果があるのか

トラネキサム酸,美白,ニキビ,効果

トラネキサム酸とはアミノ酸の中の1種類であり止血や抗炎症や抗アレルギー効果を持ちます。
湿疹やじんましんなどの治療や出血を止める作用があるので医療用として重宝されてきました。

 

またトラネキサム酸にはメラニン色素の生成を抑制したり炎症を抑える作用などがあるのでシミやそばかすや肌荒れといった問題を改善し且つ予防する効果もあります。

トラネキサム酸のメカニズム

トラネキサム酸がシミに効くメカニズムとしてまず紫外線を浴びると出来るメラニン色素の原因であるメラノサイトの周りにある細胞からメラニン色素を形成する情報が伝わります。

 

その情報に含まれるシミの原因であるプロスタグランジンなどを抑制してメラニン色素の沈着を抑えてシミやそばかすなどの肌荒れを予防します。

 

またトラネキサム酸は肝斑にも力を発揮します。
トラネキサム酸はタンパク質分解酵素であるプラスミンに抗う力を持っています。

 

メラニン色素が形成される前にメラノサイトを抑制するので肝斑の発症を抑制することが出来ます。
シミやそばかすが形成される最初の時点で防ぐということです。

 

トラネキサム酸とは副作用はあまりありませんがゼロということではないので活用する場合はかかりつけ医にきちんと相談することが大切です。


トラネキサム酸の効果は美白の他にもある

トラネキサム酸は皮膚科領域でシミに対して効果を示す美白の為の薬として有名です。
しかしこの薬はその他にも薬効を示すのです。

 

炎症症状に効果

その中の1つが風邪の時の喉(のど)や鼻の炎症症状に効果を示します。
トラネキサム酸は抗炎症効果を持っている薬です。
これによって喉や鼻に起こる炎症を抑え、風邪の症状を改善していくのです。
この成分は市販薬にも配合されていることがあります。

 

止血剤

そして止血剤としても使用されます。
トラネキサム酸はプラスミンの生成を抑制し、止血のために重要な働きを示すフィブリンの分解を抑制します。
これによって血が止まりやすくなるのです。
このことから鼻出血などの止血剤として広く使用されています。

 

ニキビ治療

またニキビに対しても効果を示します。
トラネキサム酸はメラニンの生成を抑え、抗炎症作用があることからニキビ跡が残りにくくなるということが期待されます。

トラネキサム酸の安全性

また最後にトラネキサム酸の安全性に関してですが、この薬は比較的副作用の起こりにくい薬となっています。
市販薬の中にも美容分野や風邪の分野でこの有効成分が配合されている医薬品が数多くあります。
ただ脳梗塞や心筋梗塞など虚血性疾患のリスクが高い場合にはそれを進行させてしまう恐れもあるので慎重に使用しましょう。

美白の効果が高い化粧品ならトラネキサム酸

トラネキサム酸は化粧品の中でも美白効果が高いといわれています。

 

もともと血友病や白血病などの血液の病気を治療するために開発された出血を抑制させるための人工のアミノ酸です。
30代以降の女性によくみられる肝斑に効果があることがわかり、美白化粧品として利用されるようになりました。
そのため血栓症など血液の疾患や症状がある方には注意が必要となります。

 

しみ、そばかす、色素沈着などにも効果があり、

  • 錠剤
  • ドリンク
  • 化粧水
  • 美容液

内から外から働きかけることができます
メラニンの生成を抑制する作用、ニキビ跡の色素沈着を抑制する作用、肌荒れ対策になりますし、予防にもつながります。

LシステインやビタミンCと一緒に摂取すると相乗効果

トラネキサム酸は紫外線やホルモンなどの影響を受けて肌がメラノサイトを生成しようとする情報伝達物質の働きを阻害することができます。
表皮細胞からの情報伝達物質であるプラスミンやプロスタグランジンのシグナルをブロックしてくれるのです。

 

Lシステインはメラノサイト内のチロシンがメラニン色素に変化するのを抑制してくれます。
また、ビタミンCもチロシンがメラニン色素に変化するのを抑制し、かつメラニンの色を薄くするという還元作用を持っています。

 

そのためLシステインやビタミンCと一緒に摂取すると相乗効果を得ることができるのです。

トラネキサム酸の美白効果のメカニズムについて

トラネキサム酸,美白,ニキビ,効果

トラネキサム酸は元々、抗炎症剤として使われていた成分でした。
それを美白成分として開発して生まれたものなのです。

 

美白効果はメラニンを生成する指令を阻止するというものです。

 

トラネキサム酸の働き方

メカニズムとしては紫外線が表皮細胞に当たると肌の内部を守ろうとして表皮細胞から
メラニンを作る指令を出す情報伝達物質が分泌されます。
それにより、メラニンを作る指令をメラノサイトに出す事でメラニンが作られ始めます。
トラネキサム酸はこの情報伝達物質の働きを阻害します。

 

その他の美白成分

メラニンを作る指令を阻止する美白成分には、カモミラETというハーブのカモミール由来の成分もあります。
この他にも美白効果のある成分にはチロシナーゼという酵素の働きを抑えてメラノサイトの働きを抑える成分があります。
アルブチンやエラグ酸、ビタミンC誘導体などがこれに当たります。

 

美白化粧品はこのようにシミのできるメカニズムに働きかけるものであるため、
シミができてからではなくシミができる前の予防として使うようにします。

[トラネキサム酸が美白・ニキビに効果的]関連情報